葬儀を行なう【急な葬儀もスピードSUPPORT】

funerals

葬式の費用

簡略化してきているお葬式

funeral

一般的に普通に行われていた仏式葬儀はおおきな費用がかかりますが、簡略化することで費用を半分以下に抑えることができます。 お葬式が簡略化されてきているのは、宗教離れや長引く不景気の影響、核家族化、超高齢化などのさまざまな要因が重なりあっていることが原因と推測されます。こうした流れは今後も進み、昔ながらの仏式葬儀を行うのはごく一部だけの人となる時代が来ると思います。 代わりに増えてくると思われるのが「直葬」です。直葬は遺体を火葬だけすることですが、今でも多くの人が直葬を選んでいます。経済的な負担が少なく手間もかからないので多忙な現代人向けのお葬式です。

契約をするときの注意点

身内の人が亡くなりお葬式をとり行うことになったら、普通は葬儀社に連絡をして通夜から告別式まで行うための会場の手配や準備、司会進行、役所への手続きなどを任せます。病院で最後を迎えると、その病院が提携している葬儀社を紹介され、知らず知らずのうちにその葬儀社が提案するプランを契約してお葬式をしてしまうケースが多いです。 身内を亡くして精神的に落ちこんでいる時なので、冷静に契約書を見ずにサインをしてしまうケースもあります。一般的な仏式葬儀をすると大きなお金が動きます。あとで冷静になってみると使わなかったサービスにムダにお金をかけていた、何てこともよくあります。契約をするときは必ず契約書の内容をよく見ることが大切です。