葬儀を行なう【急な葬儀もスピードSUPPORT】

funerals

マナーを守る

葬儀のマナーを知っておく

burial

たくさんの常識を持つことによりスムーズに葬儀を行えることが出来ます。 まずは自分の宗派のやり方をしっかり確認しておくことが大切です。宗派によってやり方がかわってくることが多いためです。お焼香の回数や線香の本数などもかわってきます。 また線香は決して口で吹き消してはいけません。 左手で払うか持ったまま下にすっと引いて炎を消すのがマナーとされています。 葬儀や通夜に参列出来ない場合には、電報を打つか代理人に香典をお願いするようにします。しかしやむを得ない事情でない限りは参列するようにします。また参列できるときは遅すぎてもいけませんが早すぎても失礼にあたりますので、気をつけなければなりません。

乳幼児がいて出席できない場合などのマナー

葬儀に出席するときに、乳幼児がいる家庭では誰かに預かってもらえるようにしたいものです。 しかし近くに預かってもらえる方がいない場合などはその日の弔問は遠慮するようにした方が良いでしょう。また日をあらためて自宅にお参りさせてもらうようにしましょう。 またいつ急な不幸がおこるかわかりません。 弔事と慶事が重なってしまうこともあります。 このようなときは葬儀などの弔事を優先させることがマナーになります。しかし弔事の遺族側ではない場合などは、時間が許されるかぎり両方を出席しても構いません。 葬儀のときには使ってはいけない言葉や会話などもあります。くれぐれもやたびたびなどの重ね言葉は不幸が重なるということから忌み言葉になっていますので注意が必要です。