葬儀を行なう【急な葬儀もスピードSUPPORT】

funerals

準備を行なう

葬儀社への依頼について

funeral

身内が亡くなると、葬儀の準備や段取りが必要です。古くは自宅葬というかたちをとるかたも多かったのですが、近年ではほとんどが会場での葬儀です。会場を借りて行う場合は、葬儀社によって利用できる会場がことなったり、自社設備を利用する場合でも細かい設備に違いがあることがあります。また、遠方からの参列が多い場合は、駅からのアクセスなど立地にも注意が必要です。こうした場所や会場に関することも、葬儀社に依頼する際は注意しておくことも必要です。 また、葬儀社を選定する際はスタッフの対応にも目を向けましょう。当日の案内など、参列者のことを考えると、やはり失礼のないようにしなければなりません。既にその葬儀社を利用したことのある方などに話を聞いて見るのも有効です。

費用節約のポイントとは

葬儀を行う場合は、やはり費用も気になるところです。一般に、葬儀にかかる費用は棺・祭壇・霊柩車などこランクによって変わる費用と会場の広さや料理、香典返しなど人数に応じて変動する費用に分けられます。こうしたそれぞれの項目にかかる費用を合計すると、150〜200万円近くかかることもあります。 費用を抑えたいという場合は、プランの利用もおすすめです。葬儀に必要なものが最低限含まれていて、料金もまとめて設定されているため、料金設定が分かりやすいのも大きな特徴です。また、人数を限定するのも費用節約のポイントです。家族や近親者のみで葬儀を行う場合は、あらかじめ人数が限定されるため追加費用が発生しにくくなるのも特徴です。